FXトレ営業日誌:月300pipsの堅実トレード実弾演習:スイング・デイトレ・スキャルピング

ガチガチの堅実に月300pipsを獲るトレーディングスタイルを修練中。スイングからデイトレ・スキャルまでマーケット環境に応じてオールマイティトレード

完全下落局面での絶好のエントリーポイントに先行スパン2を使う-Day14

やったこと
  1. 2016年11月15日(火)00:00(GMT)に時間を設定(つまり11月14日(月)終了時点)し、過去チャートでのマーケット分析・トレードストラテジー策定トレーニング
  2. その他気づき
    • トレンドフォローにおいて上位足で買い方が優位であれば、下位足でレートが1度売り方優勢の状況になったところから、再度買い方が優勢になったところで買えばよい。
    • ただし上位足から方向性が揃い、トレンドが加速している局面では、先行スパン2での反転タッチからのエントリーも効きそう。
    • 基準線は向きとレートの位置を同時にチェックしたい。また基準線と転換線が一致しているときは、長短の半値が同じなので、レジサポ形成しやすい。

ユーロドル11月14日(月)終了時点のマーケット分析

  • 日足チャート:週足・日足共に基準線・転換線が下向き。レートはその下。
  • 4時間足チャート:日足・4時間足共に基準線・転換線が下向き。レートはその下。
  • 1時間足チャート:4時間足・1時間足共に基準線・転換線が下向き。レートは転換線に上値を抑えながら下落。
  • 1時間足トレードを想定して、なかなか4時間足レベルでの戻り調整がないまま下げている状態で、エントリーしづらい。底となるレベルは日足で見て1.07付近。戻りのレジスタンス目安は1.0850でのレジサポ逆転からの売りエントリーを狙っていきたい。
 
 
 
 
その後どうなったか?

 

 上位足からトレンド一致なら、先行スパン2反発から取りに行けるか?

  • 1.0810まで調整し、先行スパン2で反発。ちょうどロンドン時間オープンで戻り売りにちょうど良い水準だった。上位4時間足と1時間足の転換線の下限1.0763でエントリーしたとすると、しばらく持ちきれていた。
  • 気づき:上位足から全て揃っているトレンド方向では、先行スパン2での反発はエントリーチャンスとして使えそう。