読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXトレ営業日誌:月300pipsの堅実トレード実弾演習:スイング・デイトレ・スキャルピング

ガチガチの堅実に月300pipsを獲るトレーディングスタイルを修練中。スイングからデイトレ・スキャルまでマーケット環境に応じてオールマイティトレード

分からないなら動かないこと!-DAY11

やったこと
  • トランプが米大統領選で買った次の日、2016年11月10日(水)00:00(GMT)前に時間を設定し、過去チャートでのマーケット分析・トレードストラテジー策定トレーニング
  • スイングトレードで、チャートに向き合えない日中もなるべく1〜4時間ごとにレートチェックをする習慣づけ。
■ユーロドル日足
  • 大きく上下に振れたあと、がっつり下げた1日。
  • 週足の基準線転換線をきっちり下回り始めてきた。日足転換線からも下抜けで売りモード。
 
■ユーロドル4時間足
  • 4時間足も大きく上下に振れたあと、下げトレンドとなっている。
  • ただし、チャート的には汚なくなった。全然綺麗な値動きパターンがない。
 
 
■ユーロドル1時間足
  • 売り優勢。
  • 200pips以上の大きな変動。
  • エントリーするならどこだったのか??
    1. 1.10265のレジサポライン14:45にエントリー
      • L/C@1.1074(先行スパン2)
      • 1.0939で22:15にエグジット(先行スパン2にタッチ)
      • リスクリワードは86:47
    2. 上位4時間足の転換線と基準線が一致している1.11447
      1. この日直近の安値と高値の半値ライン。
      2. ここでは転換線・基準線共に向きが上のため、跳ね返された可能性も高い。
      3. 完全に抜けてから、リターンムーブのトレンドラインを取るならアリだったのかも。
 
■ユーロドル5分足は
  • 最後にちょっとだけ戻して1日が終了。
  • この日みたいにかなり荒れた相場でも、1時間足基準線転換線を下抜け、5分足カレント雲が陰転した瞬間にショートエントリーしていれば、負けないことに気づく→それだけ上位足(この場合5分足チャートでの1時間足の環境)は説明力がある。
  • でも、5分足だけの基準線・転換線だとそんなに勝てない。
1日の動きを5分足で見るとこんな感じ。
 
  • 分からないなら動かない!
  • ある程度、効く戦略を見つけたら、プログラムにしていくことも検討したい。
  • どの時間軸だといいかも含め。
  • この場合は、最大ドローダウンも考えたい。